ビットコインが生まれる仕組み、マイニング

目安時間:約 3分

ビットコインを管理するブロックチェーン

ビットコインは仮想通貨です。

仮想通貨であるビットコインには、発行元の中央銀行や管理運営をする銀行のような企業は一切ありません。

もちろん国家の後ろ盾だって存在しません。

 

 

そんなビットコインの安全性を保っているのが、ブロックチェーンというシステムです。

ネット上に分散して存在するビットコインの台帳に、すべてのビットコインの取引が記録されていきます。

そしてこの台帳どうしはチェーンで繋がっていて、互いに整合性が保たれているのです。

台帳はだれにでも閲覧可能ですし、システムもすべてオープンになっているのが、ビットコインの凄いところですね。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

つまりビットコインは、コンピュータのネットワークを利用して、利用者みんなで管理している仮想通貨なのです。

 

取引を台帳に記録していく作業、マイニング

ビットコインでは、すべての取引記録を台帳に追記していきます。

その追記処理には、ネットワーク上に分散され保存されている既存の取引台帳のデータと、追記される取引データの整合性をとりながら、正確に記録されることが求められます。

 

その整合性を取る作業は、コンピュータ上での膨大な計算によってなされています。

分散されて保存されている台帳のデータも、追記対象の取引データも、すべて正確に検証してから追記しなければならないのです。

 

このビットコイン取引台帳への追記作業には、誰でも参加することができます。

ただし膨大な演算をこなすコンピュータリソースが必要ですが。

 

この追記作業のことは、マイニング(採掘)と呼ばれています。

 

 

マイニングを行い、膨大な計算処理を経て追記作業に成功した人には、ビットコインで報酬が支払われます。

このとき報酬として支払われるビットコインは、新規発行のビットコインです。

つまりマイニング成功の瞬間、ビットコインの新規発行が行われるのです。

 

ちなみに、このマイニング以外の工程でビットコインが新規発行されることはありません。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインのマイニングに取り組む人のことは、マイナーと呼ばれています。

マイニングには、誰でも参加することができ、成功すればビットコインをゲットできるわけです。

ページの先頭へ