ビットコインと電子マネー

目安時間:約 4分

ビットコインは仮想通貨

ビットコインは、仮想通貨の一種です。

 

 

仮想通貨には、紙幣や硬貨のような間に見える形がありません。

ですから、ビットコインを使って決済をする場合、電子的に決済をすることになります。

では、ビットコインは電子マネーの一種ということになるのでしょうか?

 

今回は、ビットコインと電子マネーの違いについて整理しておきましょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

電子マネーとは?

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用しないで決済する手段のことです。

 

非接触型の交通系電子マネーを使用している人は多いでしょう。

昔ながらの切符はだんだんと姿を消しつつあります。

 

それ以外にも、コンビニ、コーヒーショップなど色々なお店で、プリペイド式のカードに現金をチャージして支払いを済ませることは、今やあたりまえのことになってきています。

私の職場のある女性スタッフは、某コーヒーショップのプリペイドカードを何枚も集めています。

 

starbucks-569062__340.jpg

 

このように、カードを介して電子的に決済をする手段が、電子マネーなのです。

 

これら電子マネーは、あらかじめ端末となるカードや、決済に使用する銀行口座にお金を入金しておくことで利用できます。

その際に入金する通貨は、日本国内であれば基本的に円です。

また、実際に紙幣や硬貨のやり取りをしないとはいえ、決済は円で行われます。

 

ビットコインの使い方は?

ビットコインは、前述の電子マネーのように円をチャージしておいて使用するという仕組みではありません。

まず、円をビットコインに両替する必要があります。

 

円をビットコインに両替するには、通常、web上にある仮想通貨の取引所を利用します。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

いったん円からビットコインに両替を済ませれば、後は一般的な電子マネーと同じように使用できます。

ただし、もちろん利用したいお店がビットコイン決済を取り扱っていることが前提になりますが。

日本でも、ビットコイン決済を取り扱っているショップが増えてきていますし、今後もさらに増えていくことが期待されます。

また、個人間でのビットコインのやり取りはとても簡単です。

今後、ビットコインを使っている人が増えていけば、飲み会の割り勘にもビットコインをみんなが使うようになるかもしれません。

 

 

「ひとり、0.01btc(ビットコイン)ずつ幹事に送金ね」なんて。

 

余談ですが、このブログを書いている2017年10月21日現在、またビットコインの価値は上昇し、1btc=約68万円となっています。

 

まとめると、「電子マネー」というのは決済の手段の一種であり、ビットコインは通貨の一種であるということです。

ページの先頭へ