ビットコインと電子マネーの違い

目安時間:約 5分

ビットコインと既存の電子マネーの違い

ビットコインは仮想通貨です。

仮想通貨には、紙幣や硬貨のように目に見える形が存在しません。

すべての取引はインターネットを介して、電子的に行われます。

 

 

以前、ビットコイン基礎知識「ビットコインと電子マネー」の記事でも書かせていただいたのですが、既存の電子マネーとビットコインなどの仮想通貨の違いについて、さらに詳しく説明させていただきます。

 

スイカやエディなどの電子マネーは「センター」が管理

SuicaやPASMO、Edy、WAON、nanacoなどの非接触型の電子マネーでは、財布の代わりとなるのが、SONYが開発したICチップであるFeliCa(フェリカ)です。

個々のフェリカには番号(ID)が割り当てられていて、店頭などでガードをかざすと、カードに埋め込まれたフェリカチップと通信してIDを取得。

センターがIDに対応する残高を検証し、十分な残高があれば決済金額分を引き去ると同時に、店舗への支払処理を実行するのです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

従って残高の変更や送金が正しく実施されたかは、センター側の処理に一任されます。

利用する以上はセンター側の処理を信用するしかありません。

また安全性という点でも、センター側のセキュリティを信頼するほかに方法はありません。

 

 

残高の価値という点でも、電子マネーの購入および支払いがいずれも、「1ポイント=1円」と等価になっているのは、単にセンターが決めていることです。

実際には利用契約があるのであり得ませんが、システム的にはセンター側が、「2ポイント=1円」に変更することだって可能なのです。

 

ビットコインでは「ブロックチェーン」が管理

ビットコインをはじめとするほとんどの仮想通貨では、ネット上に公開された台帳であるブロックチェーンに取引内容を記録することが信頼に繋がっています。

この台帳はフェリカの場合のセンターが保持するのではなく、多数の利用者が分散して保持している形になっています。

 

ビットコインには、SuicaやEdyにおける情報センターのような集中管理する機構は存在しません。

「ブロックチェーン」の記事でも書かせていただきましたが、ビットコインの過去の取引内容はすべて台帳に記録されています。

ある一定量の取引記録は、「ブロック」として保管され、新しい取引記録は過去の「ブロック」に繋げられて、また新たなブロックを形成していきます。

これがブロックチェーンの「チェーン」です。

このチェーンはどんどん長くなっていくわけです。

 

 

従って、過去の取引を改変しようとすると、その後に連なるすべてのブロックを改変しなければいけなくなります。

「マイニング」の記事でもお話したように、単に新しく台帳に取引を記載するだけでも膨大な計算が必要で、この行為は採掘「マイニング」と呼ばれています。

過去の取引の改変をすることは、マイニング以上に大変ですから、経費だけでも軽く億を超えるような、ほぼ無理と言っていい話なのです。

 

しかも同じ台帳は多数の利用者が持っていますから、仮に誰かが過去の取引の改変に成功したとしても、そんなデータは誰も信用してくれません。

 

ブロックチェーンが作り出す、強固な信頼

そんなブロックチェーンの考え方や技術は、仮想通貨だけでなく、様々な分野に応用されつつあります。

今後が楽しみですね。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ